JavaScript対応ブラウザで表示してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。ねおちです。
本日2件目の投稿となります。

ついさきほど、Version 8 Update 51へのアップデートが来ていた。
そこで気がついたんだけど、ChromeがNPAPIをサポートしなくなってた。
現在うちのChromeは最新のバージョン 43.0.2357.134 mとなっているのだけれども
以下の記事にあるように、バージョン 42からサポートしなくなっていたらしいのだ。

Chrome バージョン 42 以上で NPAPI プラグインが動作しない
NPAPI のサポートの終了

以前は多くのプラグインが NPAPI という古いシステムで開発されていましたが、現在 NPAPI プラグインを使用するサイトは少なくなりました。NPAPI プラグインは、ウェブサイトにセキュリティ リスクをもたらす可能性があります。

より安全に、高速に、安定して Chrome でのブラウジングができるように、Google では Chrome バージョン 42 で NPAPI プラグインのサポートを終了することにいたしました。

サポート対象のプラグイン
Pepper API(PPAPI)という比較的新しく安全性の高いシステムを使用しているプラグインは、これまでどおり動作します。たとえば、Adobe Flash、PDF ビューアといった Chrome に付属のプラグインは動作します。Flash や PDF が自動的に読み込まれない場合は、Chrome で PPAPI バージョンのプラグインが有効になっていることを確認してください。

Silverlight、Java、Unity など NPAPI を使用しているプラグインは、動作しなくなります。


とのこと。

capture-20150716-220245.jpg capture-20150716-220315.jpg
左:Chrome、右:IE
これはORACLEのサイトでのJava(JRE)のバージョン検証の画面比較になります。
Chromeでは動かなくなっていることがわかります。

何が困るって、、、、困る事はほとんどありませんが

参考記事:
最新Chromeで「NPAPI」無効化、MSの「Spartan」登場--Javaへの影響など
James Sanders (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年05月01日 06時30分
http://japan.zdnet.com/article/35063808/



スポンサーサイト
どうも、ねおちです。

先日から再開しているPHPの学習ですが、
環境設定を進めている途中でMySqlの権限設定がうまく行っておらず
途中で何か間違えたっぽいので、もう一度pleiadesの入れなおしからやることにしました。

削除の際には、xamppがフックされているようなので一度PCを再起動し
Cドライブ直下にある『pleiades』フォルダーを削除します。
次に、PC内検索で、MySql、XAMPP、pleiadesのファイル、フォルダーが残っていないことを確認します。
(もし残っていれば削除します)
更に、regedit.exeでレジストリエディタを起動し、MySql関連の登録を検索し削除します。
(うちでは、2つの登録が残っていました)

(作業をやりつつ記事を書いています)

Apache_start_error.jpg
ところが今回はなんと・・・Apacheの起動すらうまく行かなくなった。
前回、同じエラーで起動できなかったときにSkypeで使用しているポートとかぶっていた為、Skypeのポートは変更済みであり、原因がよくわからない。色々とぐぐってみて、xampp-control.exeに管理者権限をつけるとかあったのでやってみたが、やはり起動できない。

PHPの開発環境を構築する(その1):「Pleiades All in One」のインストール』を参考に作業を進めているわけですが、何度かやり直しをしていたのに無意識にやっていて気づいていなかった事件が発覚しました。
(発覚までに何度もやり直しをしては失敗し、無駄に数時間を浪費してしまった)

というのは、しょっぱなのsetup_xampp.batからxamppのセットアップで実はエラー吐いていた
setup_XAMPP_bat_error.jpg
こちらの画像がそれになりますが、VC++のランタイム入れろと言っております。
うちのPCには、VC++のランタイムは腐るほどはいってるんですが、今回必要になるバージョンが入っていないということのようですね。

追記へ続く
どうも、ねおちです。
1月に元Operaの創業者でECOだったヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏がECOを務めるVivaldi Technologiesから、新ブラウザ「 Vivaldi 」がリリースされました。
といっても、まだテクニカルプレビュー版ですが。

Operaの元CEO、速くて機能的な新ブラウザ「Vivaldi」プレビュー版公開  [2015/01/28]
Vivaldi Technologiesは27日(CET時間)、新ブラウザ「Vivaldi」の最初のテクニカルプレビュー(v1.0.83.38)をリリースした。対応OSは、Windows、Mac OS X、Linux deb(Ubuntu/Debian)、Linux rpm(Fedora)。
Vivaldi TechnologiesのCEOを務めるヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏は、Opera Softwareの共同創設者・元CEOだった人物で、2011年にOperaに対する社内での価値観の違いを理由にOpera Softwareを退職した。Vivaldi公式サイトに掲載されている、新ブラウザ開発ストーリーには、ユーザー視点の開発を大事にしつつ、最も速いブラウザを目指してOperaが生まれたが、Operaは今やその方向性を変えてしまった、と綴られている。
「速く、機能豊富でユーザーのために作られたブラウザ」と紹介される新ブラウザ「Vivaldi」は、日本語も含む10カ国語に対応。キーボードショートカット機能「Quick Commands」、閲覧ページにタグを付けて分類する「Notes」、空白ページにお気に入りのサイトをサムネイルで表示する「Speed Dials」、タブの集約機能「Tab Stacks」などの機能が盛り込まれている。メールや同期機能、拡張機能などにも取り組んでいるという。

リリースから半年経過してるのでとりあえず使ってみました。

追記に続く

どうも。ねおちです。

先日、OSの再インストールをしたあと、メーラーの設定で手間取ったので、現在の設定状態のメモ書きでも。
使用しているのは国産メーラーのSylpheedです。

送信設定は「SMTP認証を自動で実行するに設定」し、ID/PWは空欄にします。
送信前のPOP3認証はyahoo mail以外は基本的にしなくてOKだと思います。

名称提供元受信送信
Hotmail
Microsoft
pop3.live.com
SSL 995
smtp.live.com
TLS 587
IDメールアドレス
Gmail
Google
imap.gmail.com
SSL 993
smtp.gmail.com
TLS 587
IDメールアドレス 詳細
Yahoo メール
Yahoo Japan
pop.mail.yahoo.co.jp
SSL 995
smtp.mail.yahoo.co.jp
SSL 465
IDアカウント名(メアドの@以前)
Inter7
Inter7 Development
mail.inter7.jp
SSL 995
非公開
任意の受信サーバー
IDアカウント名(メアドの@以前)
mics
CATV mics network
メアドによるのでリンク先を確認
SSLを使用しない 110
メアドによるのでリンク先を確認
TLS・SSLを使用しない 25
IDアカウント名(メアドの@以前)


マザボ買い換えたらまた設定することになるんで、メモ残しておかないとねww

追記に続く

どうも。ねおちです。

先日、面白そうなブログパーツを見つけて使って見てるので、それの紹介でも。

綺麗な地球型アクセスカウンター「リボルバーマップ」 / Blog Widget "Revolver Maps"
日本語サイトがこちら。

見ての通り美しい地球型のアクセスカウンターで、来訪者の位置が地球に刻まれていきます。また、直近約10分間の来訪者の位置を都市名付きフラグで表示してくれますので、今現在の閲覧者数が一目で分かります。 地球をクリックしてドラッグするか、左下のボタンを押す事で、地球を思いのままに回転・静止・拡大・縮小させる事が出来ます。

ブログへの導入は非常に簡単です。(無料です。)


はい。本当に簡単です。登録も何もいりません。
リンク先のページにある説明の通りにやればほんの数分でできるでしょう。



すると、こういうものが表示できてしまいます。

追記に続く

どうも。ねおちです。

いきなりなんでこんなことを思いついたのか?と言うと電気代。
うちのTVは、14型のブラウン管TVなわけですが、TVを見ている月とまったく見ていない月では電気代が倍も違う。

TVを見ていると、月の電気代が14000円~24000円くらいかかっていました。
で、今年の1月~6月まで、まったくTVをつけないでいたのですが、その間の電気代は7500円~8500円ほど。
相当、変わってます。で、7月は久々にTVをつけていたのですが、またしても14000円代に戻りました。


これはいかん!! ということで、TVをつけずにネットでTVを見るということを考えたわけです。

追記につづく

基本的にはソフト本体ではなくアップデート機能を乗っ取って偽サイトに接続させることで攻撃をするという二次的なものです。(http://bit.ly/1c9vWco)

なので、セキュリティ対策をきちんとしておけばそこまで神経質になるほどのものなのかは疑問ですが、このソフトは韓国製ということで避けたいと思う方もいるでしょう。

ところで、このソフトを使っている人が多い理由は
『有料ソフトであるMPEG2デコーダーがなくてもMPEG2メディアの再生が可能である』
という点にあると思います。

そこで、そういう方にオススメの方法があります。

(追記に続く)


Googleはインターネットの情報世界を掌握しようとしてる。
その姿勢の強引さに傲慢さが見え隠れしていて反発を感じてしまう。
神になろうとしてる・・・いやなったつもりなのだろうか?


プライバシー ポリシー
(一部抜粋)
Google が収集する情報

Google は、すべてのユーザーによりよいサービスを提供するために情報を収集しています。その内容は、お客様の使用言語などの基本的情報から、お客様にとって最も役に立つ広告やオンラインで最も重要視している人物などの複雑な情報まで、多岐にわたります。

情報の収集は以下の 2 種類の方法で行います:

お客様からご提供いただく情報 たとえば、多くの Google サービスでは、Google アカウントのご登録が必要です。ご登録に際して、氏名、メール アドレス、電話番号、クレジットカードなどの個人情報の提供をお願いしています。Google が提供する共有機能をすべてご活用いただく場合は、公開される Google プロフィール を作成していただくようお願いすることもあります。これには、名前や写真などを掲載することができます。

サービスのご利用時に Google が収集する情報 Google は、ご利用のサービスやそのご利用方法に関する情報を収集することがあります。たとえば、Google の広告サービスを使用しているウェブサイトにアクセスされた場合や、Google の広告やコンテンツを表示または操作された場合です。これには以下の情報が含まれます

端末情報
ログ情報
 -お客様による Google サービスの使用状況の詳細(検索キーワードなど)
 -電話のログ情報(お客様の電話番号、通話の相手方の電話番号、転送先の電話番号、通話の日時、通話時間、SMS ルーティング情報、通話の種類など)
 -インターネット プロトコル アドレス
 -端末のイベント情報(クラッシュ、システム アクティビティ、ハードウェアの設定、ブラウザの種類、ブラウザの言語、お客様によるリクエストの日時、参照 URL など)
 -お客様のブラウザまたはお客様の Google アカウントを特定できる Cookie
現在地情報
固有のアプリケーション番号
ローカル ストレージ
 -Google は、ブラウザ ウェブ ストレージ(HTML 5 など)やアプリケーション データのキャッシュのようなメカニズムを使用して、収集した情報(個人情報を含む)をお客様の端末にローカルに保存することがあります。
Cookie と匿名 ID

アカウント登録しなきゃある程度は防げるだろうし、登録された情報を削除することもできるらしいけど、Googleが提供する広告を掲載してるページを見るだけで個人情報をごっそり持っていかれるってやりすぎ。「Safari」の初期設定では訪問先のcookieのみ受け入れるようになっているが、Googleがこれを迂回してサードパーティーcookieを埋め込めるようにしていたと研究者が発表した件もあって、ブラウザの設定でcookieを制限してても埋め込まれる。
そこまでしてローカルストレージに個人情報を集積したキャッシュを埋め込むってスパイウェアそのものとしか言いようがない

世間ではMSの次期OSであるWindows8にも期待が寄せられているなんて話もあるが、IE9があの調子じゃねぇ。前回までのテスト結果でずば抜けて最低な成績なのに期待できるとは思えない。せめて平均的な性能だったOpera11程度になってくれないとIE9なんて使う価値もない。

これらの記事の中でGoogleの広告収入やFaceBookとの関連性についても言及されている件について、Googleは否定してるけどそう見られても仕方ない面があるように思われる。

身近な例を出すと、最近オンラインゲームのC9をやっててそれ関連の検索が多かったのですが、サイトに表示される広告がC9だらけになりました。やってるゲームの広告だらけにされても意味がないんです。それって広告主にとって有益とは思えないし何の意味もない。

上記の例からシチュエーションを考えてみた
1:普段の言動がすっごい堅い人がいたとする
2:家のPCでは同人のエロ画やロリ動画を検索しまくってたとする
3:自宅に友人が訪ねてきてメシでもいこか~ってなる
4:何がいいかちょっと検索してみるか~
5:検索したページには同人広告やロリ広告だらけになってる←googleの仕業
6:友人の内心「なんじゃこりゃ((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ」
7:後日、噂が広まって本人の立場がなくなる
うっかり人と一緒にPC見れなくなる人も出てくるんじゃないかな?とこんなシチュエーションを考えてみて失笑してしまった

でもこれ笑えなくなる可能性あるよね。
例えば会社のPCを利用する場合なんてどうです?設定は会社で決められていたりして変更してはいけなかったりしますよね。現状、業務中に仕事と関係のない検索してる人も多いし会社でネトゲやってる人すら居ます。
で、例のgoogleの個人情報の収集と広告サービス。
上司や部下とPC見てるときに、とんでもない広告なんて出てきた日にはもぅ・・・・
笑えないんじゃないかな?

MSとの言い争いは水掛け論
Googleがユーザーデータをまとめるのは広告主のためではなく、サービス同士の連係を強めることでユーザーの使い勝手を高めるのが目的だと主張。Microsoftのプライバシーに関する取り組みがGoogleよりも良いという「誤解」に対しては、「われわれは他人のポリシーにとやかく言うつもりはない」と断った上で、MicrosoftにはGoogleが提供しているようなデータエクスポートツールもプライバシーダッシュボードもなく、プライバシーポリシーには「あるMicrosoftのサービスで収集された情報は他のMicrosoftのサービスで収集された情報とまとめられることがある」と書かれていると指摘した。
以上「MicrosoftがGoogle批判の新聞広告 Googleは反論」より

収集された情報を削除できると言うけれど
普通に考えれば、登録された情報を削除するためには、そのアカウントにログインしないとならないよね?そうじゃなかったら「登録されてる情報を確認しようがない」から「どの情報を削除するのかわからない」ってことになる。
ログインしてgoogleの提供するサービス(この場合ダッシュボードの確認や編集、削除)を利用するためには「氏名、メール アドレス、電話番号、クレジットカードなどの個人情報」を提供しないと登録作業は完了しないお願いって言ってるけど実はこれ強制なんです

このあたりにすごい矛盾があるように思うんだけど?

以前からGmailのアカウントを1つ持ってますが、Gmailを使おうとすると上記の登録作業を求められるのでキャンセルしてます。既存のアカウントすらまともに使えないのです


そして削除しても削除されない情報とはいかに?
お客様が Google サービスから情報を削除した後、Google の稼働中のサーバーからコピー情報をすぐには削除できないことがあります。また、Google のバックアップ システムからは情報が削除されないことがあります。
「プライバシーポリシー」より
見かけ上の削除はできるけどバックアップしてるから無駄だよんと言ってます。

AUのアンドロイドやばいじゃないか
・ドコモとソフトバンクは、その日のうちに「Googleに通話履歴を開示することはありません。」という認識(たぶんカスタマーセンターレベルの認識)を示しました。
・KDDIは翌日に回答を示しました。「アンドロイドスマートフォン利用者の通話履歴をGoogleに提供します。」

KDDIが正当性を主張する根拠
通話履歴というのは、まったく同じものが2つ存在します
1)電気通信事業法で厳密に保護された電話会社の交換機の中に蓄積された通話履歴。
2)スマートフォンの中に蓄積された通話履歴(発着信履歴)
2は、電気通信事業法で規定する通信の秘密にはあたりません。

個人情報保護法で保護されるだけですので、事前に利用者の承諾を得れば、通話履歴を収集して社内利用であれば、どのようにも利用できます。(プライバシーポリシーに明記しておけばよい。)
以上「Googleプライバシーポリシー変更に伴う、アンドロイド・スマートフォン利用者の通話履歴のGoogleへの提供問題についての総括」より

「事前に利用者の承諾を得れば、通話履歴を収集して社内利用であれば、どのようにも利用できます」っていう事とgoogle=他社に提供することは別だから根拠にならないんじゃないの?それともKDDIはgoogleの子会社なんですか?

GoogleとKDDI、中小企業向けWebサイト構築支援サービス発表
・みんなのビジネスオンラインの中核技術として採用されているのが、KDDI ウェブコミュニケーションズが提供するオンラインのWebサイト構築サービス「Jimdo」
・Googleが無料で提供するアクセス状況解析サービス「Google Analytics」を利用するうえで必要なタグもあらかじめ組み込まれる
 ↓
・KDDIとGoogleが業務的な繋がりができた
・facebookに対抗した広告戦略を企業に売り込みたいgoogleの思惑
・一大プロジェクトの中核企業として動き出したKDDIの思惑
・関係上「情報を提供しろ」と言われて断れなかったのか、自分から尻尾ふっちゃったのか・・・

憶測に過ぎないけど、このKDDIの回答の背景の一つととしてこんな関係がありそうだ。

「プライバシーポリシーに明記しておけばよい」って、クーリングオフや法令に準拠しない(違反する)規約や売買契約を無効とする以前の無法状態と似てるんじゃない?先進技術のはずが時代の流れに逆行しちゃってるってどうなんだろう?

EU諸国やアメリカは抗議してるけど日本は・・・
総務省
総務省及び経済産業省は、本日、グーグル株式会社に対し、平成24年3月1日から適用する新たなプライバシーポリシーについて、我が国の多くの利用者に大きな影響を有することから、法令遵守及び利用者に対する分かりやすい説明等の対応をすることが重要である旨を文書で通知しましたので、お知らせします。

産経省
経済産業省及び総務省は、本日、グーグル株式会社に対し、平成24年3月1日から適用する新たなプライバシーポリシー(※)について、法令遵守及び利用者に対する分かりやすい説明等の対応をすることが重要である旨を通知しましたので、お知らせします。
以上「Googleのプライバシーポリシー統合について(メモ)」より

利用者にわかりやすく説明しなさいって言ってるだけで、特に内容に異を唱えていない。ってことは、何もしてないのと変らないじゃないか。当のGoogleはEU諸国、アメリカ、一応日本など世界各国の批判を無視(正確には「検討しておきます」とお茶を濁して)して「予定通り3/1から新プライバシーポリシーを適用」しました。

個人的感想
閲覧履歴程度は特に気にしないけど、それらと「氏名、メール アドレス、電話番号、クレジットカードなどの個人情報」や「電話のログ情報(お客様の電話番号、通話の相手方の電話番号、転送先の電話番号、通話の日時、通話時間、SMS ルーティング情報、通話の種類など)」が関連付けされてGoogleという会社に蓄積されていくっていうのはやりすぎとしか言いようがない。

お客様の同意を得た場合
Google は、お客様の同意を得た場合に、個人情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有します。Googleは、事前の同意なしに、機密性の高い個人情報を共有することはありません。
機密性の高い個人情報
個人情報のうち、医療関係の守秘義務のある情報、人種や民族、政治信条や宗教、性的嗜好に関連するものを特にこう呼びます。

とは言うものの、蓄積されている事には違いはなく、不用意に同意なんてしちゃった日には「個人情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有」されちゃうわけです。プライバシーもなにもあったものじゃない。
極端な言い方だが私生活がgoogleを通して丸見えになるってことです。

そこで出てきたのが冒頭の言葉なのです。

Googleはインターネットの情報世界を掌握しようとしてる。
その姿勢の強引さに傲慢さが見え隠れしていて反発を感じてしまう。
神になろうとしてる・・・いやなったつもりなのだろうか?


参照記事一覧
プライバシー ポリシー
グーグルが新プライバシーポリシー導入、個人情報懸念する声も
グーグルが個人情報を一括管理 不安の声も
(この記事は、今朝の4時頃までは見れたのですが削除されたようです。圧力でもかかったのか?)
MicrosoftがGoogle批判の新聞広告 Googleは反論
ヤバすぎると評判のGoogleの新プライバシーポリシー(個人情報収集・利用指針)が3/1ついに改訂
Googleプライバシーポリシー変更に伴う、アンドロイド・スマートフォン利用者の通話履歴のGoogleへの提供問題についての総括
個人データが丸裸に? グーグルの新方針が波紋、EUは延期を要請
Googleのプライバシーポリシー統合について(メモ)
GoogleがSafariの設定を迂回してユーザーを追跡していたことが判明
なんだかシリーズ化してますが、今回は8種類のブラウザで21個のタブを順番に開いていった際の消費メモリ量の増加について調べてみました。(最終的にタブが21個ある状態になる)

今回の手順
1:ローカルリンク集だけを作ったHTMLファイルを保存し1タブ目にそれを開く
  ファイルは【これ】です --- 多分開けると思う
2:2タブ目~21タブ目までは、1タブ目のリンク集から開く
3:1タブ目にフォーカス開いた状態で使用メモリ量を計測した

Usage-Memory_Multi-tab2.jpg
Sleipnir3のPluginContainerの件があったので計測しなおした
結果一覧表とグラフ
旧データは【こちら】

一覧表の見方
・Bold表示になっているのは平均値よりもメモリ消費量が少ない事を示す
・セルの背景について
 -赤:1位
 -ピンク:2位
 -オレンジ:3位
 -表中の黄色:平均値前後
 -薄灰:最下位
・一覧の最下部(黄色部分)が平均値

グラフの見方
・棒グラフが各ブラウザの値
・水色の線グラフが平均値
グラフが見難くてすいません・・・ビエエェェ。゚(。ノωヽ。)゚。ェェエエン!!!

具体的にテスト結果を見てみよう(K-Meleon1.5.4は日本語化してあります)

タブ数が少な目だとK-Meleonの独走状態
 K-Meleon >> Lunascape6(Trident) > Lunascape6(Gecko)

・タブ数が中程度(9タブ目)以上になるとSleipnir3が徐々に実力を発揮し始める
 Lunascape6(Gecko) > K-Meleon > Sleipnir3(Gecko)

・それ以降になるとほぼLunascape6(Gecko)の独走状態
 Lunaccape6(Gecko) > Sleipnir3(Gecko) > K-Meleon ≒ FireFox10

FireFox10、Opera11、Lunascape6(Trident)はほぼ平均値より良好
 -最も平均的なのはOpera11
 -FireFoxは拡張機能を入れるほど重たくなる
 -20、21タブ目はFireFoxはPluginが急激に重たくなった
  (ページ固有の何かがあるっぽい。他ブラウザでも20タブ目に開いたサイトは重めだった)

総評 (主観混じりです)
ブラウザの性能を比較しているサイトはたくさんあるが、大抵は「拡張機能をいれず素の状態」で比較している場合が多く実際の使用感と食い違うと言わざるを得ない

ブラウザを入れ替えようと思う人なら自分の好みに合わせてある程度のプラグインや拡張機能を追加するものだ。また、Flash動画(YouTubeやニコニコ動画など)を見る人やPDFファイルを閲覧する場面も意外とある為、いくつかのAdobe関係のプラグインなどはほぼ必須であることは言うまでもない。
FireFoxやchrome、Lunascape、Operaなどカスタマイズ性が高いとされているブラウザであるほどその傾向は強く、開発側もその前提で設計してるから、素の状態では軽く(メモリ消費量)見えて当然とも言えるだろう。
そのような観点から全テストで普段使っている設定や拡張機能を含めた状態で比較した為、他の比較サイトと異なる結果になっているのは当然だろう。(3/5追記)

前回のテストに続きIE9は問題外だった・・・
LunascapeやSleipnirなどIEコンポーネントを必要とするブラウザも多く、OSや他のソフトが不安定になる可能性がある為使わなくても削除することは好ましくない。そのような事情から最低限度のプラグインしか入っていない(他で使っているのと共通になっているもの程度)わけだが、タスクマネージャーを監視しているとタブを開けば開くほどプロセス数がどんどん増えていくシステムになっていることがわかる。
色々な機能を別プロセスで管理しているchromeがうちの環境では最初から最後まで一貫して7プロセスだったのに対してIEはテキストのみの1タブ目で2プロセスから徐々に増えて行き21タブ目ではプロセス数が10プロセスとchromeを上回り、そのメモリの消費量も多かったのが重たい主因になっている。(3/5追記)

その他では、FireFox、Safari、Sleipnire(Gecko)が本体+1プロセスとなっている。
同じGeckoエンジンを利用しているハズのK-MeleonやLunascape(Gecko)が別プロセスを利用してない点が軽くなっている理由とも言えるだろう。

Sleipnir3は公式でマルチタブに強いと言う点を押し出してきているが、Tridentモードでは結果を出せていないようである。これだけが20タブ目でクラッシュし、タブを復元したが・・・めちゃくちゃ遅かった。
(他のブラウザでも20タブ復元しようとしたら遅いのは当然)
Geckoモード時のpluginContainerの存在を見落としていたこともあったのでSleipnir3は再計測をした。

今回はマルチタブでページを開く速度を計測していないので体感の話だが、ページが開く速度に関しては「chrome、K-Meleon、Safari、Opera」は速かった。これは全ブラウザについて言えるがページによって得意・不得意があるようで開くのに時間のかかるページもあった。今回はなかったがSafariに到っては不得意を通り越してクラッシュするページもある。

今日気づいたことなんですがK-MeleonのUIでタブが画面の下にあるっていうのは、設定で通常の位置にすることができました。(デフォルト状態が画面下部に設定されてるだけ)
URLバーからの検索が落ちる問題も解決できたので、何かの拍子でクラッシュしやすい傾向がなんとかなればなぁ~・・・。

オンラインゲームを起動しつつ裏で公式やWIKIを開いて検索をする場合、ブラウザの消費メモリやCPU占有率が低い方がクライアントの動作を圧迫しないのでありがたいのです。そう考えると、10タブも開くことはほぼないから、K-Meleonのメモリ消費量の少なさと速さはなかなか魅力的。Javascriptが動きまくるページじゃなかったらCPU占有率もあがらないしねぇ。

ただ、このブラウザ、終了してもプロセスが残るということを以前書きましたが、タスクマネージャーからプロセスを終了させると異常終了となってしまい起動のたびに怒られるのがウザイ。
アンインストールしようと思ったら、ブラウザを終了させた後PCを再起動してプロセスを正常終了させてからじゃないとならないっぽいです。(うちではこうしないとアンインストールができなかった)

参考データ
これはブラウザ起動後に実際にページを開く速度を10回計測した平均を取ったデータです

手順
・ブランクページで起動
・何度かテストページを開き計測終了のタイミングを見計らう
・10回分の値を取る(通信状況などで異常な値が出たときは無効とした)
・(数字)i.ytimg.comとの通信はyou-tubeのサムネイルサーバーとの通信のようです
参考サイト:s.ytimg.com とは一体何だったのか
chromeなどでURLバーから検索する際に「ytimg.com」を「yting.com」とすると中国語のサイト(キャプチャ画像)に繋がりますwwwwww紛らわしいですね。

と話がそれましたが

openPage_from_blankPage.jpg
ブラウザ起動後のテストページ表示速度一覧
今までのテストで速いと思っていたK-Meleonの表示速度が飛びぬけて遅いのが意外でした。
恐らく、K-Meleonはうちのページみたいな作りが苦手なのでしょう。
マルチタブでよくあるポータルサイトを開く際には特にストレスはありませんでした。

ブラウザのトータル性能

total_browserSpeck.jpg
総合性能一覧

一覧の見方
・M-tab:21タブまで開いた時のメモリ使用量をタブ数毎にポイント化しそれを平均した値
・S-tab:テストページ一つだけを開いた時のメモリ使用量をポイント化した値
・Js-CPU:Javascriptが動き続けてるページでのCPU占有率をポイント化した値
・noJs-CPU:Javascriptが動き続けていないページでのCPU占有率の平均値
 (分母が0になる為止むを得ず生の値を用いた
・TS1:ブランクページでの起動速度(7回の平均)をポント化した値
・TS2:テストページでの起動速度(7回の平均)をポイント化した値
・TS3:ブラウザ起動後にテストページを開く速度(10回平均)をポイント化した値
※各カテゴリの最小値を1とした場合に各ブラウザの値の倍率をポイントとした

・Sum1:7項目のポイントの合計値
・Sum2:メモリ使用量を除いた5項目のポイントの合計値
・Sum3:速度だけに着目した3項目のポイントの合計値

total_browserSpeck_graph.jpg
テスト結果をグラフ化
この結果を見る限りでは、総合的に一番PCに優しいブラウザはLunascape6のTridentモードとなるが、当ブログの編集を行う際の使用感は、かなりもっさりしているのでテスト結果と使用感がイコールとは言い難い面もある。速さを重視するならchromeだろう(ブログ編集も快適な為こちらがうちのメインブラウザ)が、Googleが強引に個人情報を集めだしてるのが困りもの
 ⇒内容は次回の記事に譲ります

Sleipnirも悪くないのだが速さの点でchromeに及ばず、総合成績でもLunascapeに劣る。
Geckoは悪くないが、Javascriptを動かすのにCPUにかかる負担が大きいのでページを選ぶ。その中ではFireFoxがわりとマシ。(グラフ中の黄色部分)

Sleipnir3はブックマークのインポートが多数のブラウザに対応して手軽にできるのが良い。
よくあるのはIEのみか、よくてFireFox、Operaがいけるやつもあるがインポートしようとすると自分でブックマークファイルを探してあげないとならないことも多くてけっこうめんどくさいんですよね。

やっぱ、ここに落ち着くのかって言う感じの結果となりましたが、使う人の環境(PC構成、通信状態などなど)、必要とする機能、使用目的などによって変わってくるのは当然ですよね。

なのでこれは飽くまでも参考資料と捉えていただければいいと思います。

ネタ
★このブラウザ使ってる人はこんなイメージ?
このサイトの画像、かなり極端な例になってるけど、当たらずも遠からずな気がしないでもない

余談
2012/4/5 追記

Slaipnir3やMSNメッセンジャーでウィンドウの表示が滲んでしまって表示がひどい事になる場合があります。うちの場合ですと、原因はATIのドライバーのCCCの設定の問題でした。

CCC起動
 > ゲームタブ
 > 3Dアプリケーション設定
と進んでいき一番上の項目にある

「形態学的フィルタリング」のチェックを外す

これで上記の表示の滲みはなくなります。
GeForce系については使ってないのでわかりませんが、もし同様の不具合?があるなら、似たような設定がないかチェックしてみてはいかがでしょうか?


一昨日の記事でブラウザのテストをやってみたわけですが、なんとなく釈然としないものがあったので一部再テストを行いました。

釈然としなかった理由は
1:全ブラウザを同時起動した状態だったこと
(メモリ量とCPU占有率)
2:Lunascapeの起動テストが中途半端だったこと
3:Sleipnir3とSafari5のテストを追加したかったこと

・【こちら】で、更にマルチタブ時のメモリ使用量等を含めた総合性能を検証してますので興味があればどうぞ。(3/3追記)

ということで、そこらへんをもう一度テストしなおしました。
例によってテストページとして使用してるのは超重たい自信がある当ブログです。
(2012/3/2 12:00以降はテンプレートを軽いものに差し替えています)

browser012.jpg
メモリ使用量とCPU占有率
今回は各ブラウザで単独起動で値を取り、CPU占有率はchrome以外は7回の平均値を占有率としました。
メモリ使用量はFireFox、chrome、Safariでは複数のプロセスがある為その合計値、OperaとK-Meleonはそのままの値、IEとLunascapeは時間の経過によってメモリ使用量が増加していき安定しないという問題があったので起動から5分後の値をメモリ使用量としました。IEコンポーネントを継承しているSleipnirでも同様の現象が起こりましたが約4分ほどでほぼ落ち着きその後の増え方は極微量でした。

LunascapeでもGeckoモードでは4分後くらいから若干の増加は見られるもののほぼ安定します。
Tridentモード、およびWebkitモード時には5分経過以降もメモリ消費量が増加が大きく、Webkitモードで7分後には70Mbyteを超えるまで行っていたのでのでどこまで増えるのかわかりません。Tridentモードでも増えていた。

CPU占有率の集計で、LunascapeとSleipnirのGeckoモードが他の2モードと比べて飛びぬけてしまってる原因は、Javascriptが動き続けることが原因と思われます。動きのないテンプレートではGeckoエンジンを使用している各種ブラウザでもCPU占有率が0~3%程度に落ち着くことが確認できました
以前のテンプレートでK-Meleonをアンインストールし、レジストリクリーナーを使用。PCを再起動後に挙動を確認してみたがCPU占有率に変化がないことが確認されたので間違いないでしょう。

Safariは本体のメモリ消費量は少ないのですがwebKit2WebProcess.exeっていうプロセスが同時に起動して、それが大量にメモリを食いますね(最初のテスト時はこれを見落としてたので記事も修正してます)

browser009.jpg
起動速度
Lunascapeの再テストしました。SleipnirとSafariのテストだけ夜間のピークタイムにかかってたので回線の影響を受けてる可能性があることを考慮しても、Sleipnirは【公式】の記述から結構期待してたのに、ブランクページの起動時間ですらこれで絶望的だった(ブランクページの起動は回線速度の影響をさほど受けないはず)。
chromeとOperaはブランクページの設定が見つからなかったので、スピードダイアル等の初期画面を代用。


browser010.jpg
集計結果
テストの結果ではLunascape(Trident)がかなり優秀な結果になりました(使用時間でメモリが蓄積されていくがメモリ開放機能があることと、そもそもの使用量が多くないので問題にならないかも)。
GeckoエンジンはJavascriptの動作によってCPU占有率が大きく跳ね上がる(FireFox以外で特に顕著)ことが確認されたので、安定性が低いように思われます(全てのページが正しい記述でソースが書かれてるハズもなく、色々な環境のページがあるのが現実ですからね)。

今回のテストではSafari5の起動の速さは驚異的ですね。
残念なのは、かざぐるマウスがちゃんと機能しない事(一部のジェスチャのみ機能するテスト版v159alphaで解決)。
その他の機能面については、DLしたばかりで使い込んでないのでよくわからないですが問題点もあります。設定が悪いのかバグなのか、サイトのつくりとの相性なのか一部のサイトを開こうとすると確実にSafariが落ちる。Lunascape6のWebkitでは落ちないのでSafari5.1だけに起こる問題のようです。(これが関係あるのか?と思ってRSSをOFFにしてみたけど変わらず:Windows版Safari 5.1(7534.50)でRSS未読既読更新異常
例)かざぐるマウスのホームページが落ちる・・・・なんてこったい。
safari5_1_cnatOpenPage.jpg
これで「プログラムの終了」を押すと、またページを読み込み始めてクラッシュが無限にループするっていうね・・・・あほな状態になります。
そういう部分で、Safariは速いけど信頼性に欠ける。

browser011.jpg
Summary1相当の積み上げグラフ

今回のテストでK-Meleonはブラウザを閉じてもプロセスを維持していることがわかりました。これがブランクページを起動する際の爆速の理由だと思われます。そうじゃなかったら、テストページでの起動速度との落差が説明できないように思います。ほぼ同等な速度を誇るSafari5はプロセスを維持していないので、その速さがより実感できます。

browser013.jpg
プロセスを維持してるK-Meleon

ということで、今回のテスト環境と結果からは、安定性と速度重視ならchrome、メモリ使用量やCPU占有率なども勘案してPCへの負担を軽減するならLunascapeがいいように思います
速度だけなら、K-MeleonやSafariの方が速いのですが・・・クラッシュ率が高く安定性が低い。

σ(o・ω・o)の主観なんで何を使うかは個人の勝手ですけどね!

<追加記事>
Lunascape6のメモリリーク疑惑について
時間経過ごとの検証キャプチャ画像 (Lunascape6_Trident)
Lunascape6_起動直後1 68,244Kbyte
Lunascape6_起動直後2 6,576Kbyte
Lunascape6_起動後5分 30,572Kbyte
Lunascape6_起動後10分 33,004Kbyte
Lunascape6_起動後15分 35,184Kbyte
Lunascape6_起動後20分 36,900Kbyte
Lunascape6起動後25分 37,188Kbyte
Lunascape6起動後30分 38,084Kbyte
Lunascape6起動後30分ちょっとしたら異変が! 14,544Kbyte

Lunascape6の3モードと参考にIE9とFireFox10のメモリ使用量を起動直後から30分間、5分毎に記録しました。

usegeMem_graph.jpg
Lunascape6は30分毎にメモリ開放しているようで疑惑は晴れた
検索フォーム
Google翻訳
Google supports 57 languages translation.

aguse.jpウェブ調査
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
相互リンク

※相互リンクを希望される方はリンクページのURLを添付してご連絡ください。管理人が認識できていないページに関しては対応致しかねます。

※アフィ、アダルトサイト、その他管理人が不適切と判断したページはお断りさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数:

2010/4/15~


Blog Widget "Revolver Maps"
2014/8/28 ~
プロフィール

ねおち

Author:ねおち

北海道帯広市出身
愛知県岡崎市在住


【略歴】
北海道帯広柏葉高等学校卒業
空手家

水商売からCocktail&PastaのBar経営を経てプログラマーへ転身
現在は年中夢求


趣味:PCいじり、読書(主に歴史関係)

錬心舘空手初段、銃剣道初段



「六月火雲飛白雪」
世の中の常識というものにとらわれてはいけない。
 『夏の雲が雪を降らせる』というほどの自由自在の考えを持つことも時には大切である。
そう思いつつなかなか出来ないねおちの日々思ってることなど。

もうちょっと詳しく見る


ねおちは蜜の味 バナー160x60

スマホ版 / 管理画面

You-Tube Randam Player









   
©TJ&SUTENEKO
2010 All Rights Reserved.

 オートスタートはしません
 Produced by ねおち

 Play File List :
 Last Modify May.28.2014
 Script File :
 Last Modify June.14.2012
 解説ページ
BMIチェッカー

 身長 cm
 体重 kg

 

 BMI -
 評価 -
 理想値 - kg
 カロリー - kcal
©TJ&SUTENEKO
2011 All Rights Reserved.
Produced by ねおち

①身長・体重を入力
②「チェック開始」ボタンを押す
③下段に結果が表示されます
解説ページ
ねおちの趣味レーター

ゲームのシミュレーターを作ってます。
計算違いとかあるかも?なのでシュミ(趣味)レーターかもしれませんが・・・orz

最近ここのエリアが大きすぎるなぁ~と思うようになってきたので別サイトに移設しました。

バナーをクリックするとページが開きます
著作権表示
Path of Exile © 2010 - 2014 Grinding Gear Games.


HAWKEN

©2013 Meteor Entertainment, Inc. All rights reserved. HAWKEN, Meteor Entertainment, Adhesive Games, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of Meteor Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.


Warframe

© 2003 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



画像添付が必要な方は以下のリンク先へどうぞ
 ⇒ 画像添付用メールフォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。