JavaScript対応ブラウザで表示してください。
「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
2011年 05月 17日 11:18 JST(ロイター通信)


r.jpg
[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

 ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。



うちの伯母も、ねおちが小学生のときに筋萎縮性側索硬化症(ALS)?・・・はっきりは覚えてないんだけど、筋萎縮性なんとかっていう病気で亡くなっていますが、頭ははっきりしてるのに体が言う事を聞かないっていうのはホント苦痛以外の何者でもないと思う。

そんな中で生きてきて「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」という自らの信念を体現しているホーキング博士は尊敬に値する人物だと思っています。

魂の存在や死後の世界、前世というものは、科学的に証明はできないかもしれないけど、否定もできない。
信じている人には、安らぎであったり畏れであったりするわけですが、あるのかないのか?って話になれば、「わからない」としか言いようがないものですよね。

たまにSFのテーマとして、クローンとして永遠の命を手に入れる的なストーリーがあったりしますが、100%完全なクローンがもし仮にできたとして、以前の記憶は残ってないだろうな~と思うし、その時点での環境や教育によって個性なんて変わるだろうなぁ~とも思う。

肉体が魂の受容器なのかどうかはわからないけど、もしそうだと仮定して考えてみると、本人が生きてるうちに、クローンを作り始めたとすると、同じ魂がそれぞれの肉体に宿るとも思えず、また、死後にクローンを作り始めたとしても、一度離れた魂をどうやって識別して選択的に取り込むことができるのだろう?
そう考えていくと、遺伝子が同じであれば肉体的な特徴はかなり近似するだろうけど、クローンといえどもやはり別人だろうと思う。

宗教理論にしても、多分に倫理的要素が多く、人間を教導するために作られたものであったり、権力者が権力者たる正当性を主張するために過去にあった神話を作られた時点につなげて作られたものだったりするわけです。
そのストーリーを証明する手段などはどこにもありません。

「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」というのも、事実そのものであって、筋肉や脳の機能は、神経線維から伝わる弱電の刺激によって起こる物理的な反応にすぎないでしょう。

死後の世界などを信じる人はそれによって、安心したりできるのであれば、それはそれでいいのではないかと思います

話は変わりますが、織田信長は徹底的な無神論者であると思われがちですが実はそうではありません。
彼が否定したのは、当時の仏教界などの宗教勢力であって神仏そのものを否定はしていないのです。
比叡山を焼き討ちしたのも、天台宗の否定ではなく、浅井・朝倉連合(足利義明による信長包囲網の一環)を山上に匿い、僧兵によって乱暴を働き、戒律を守らず堕落した生活を送っていた当時の僧侶たちを、単なる武装した敵対勢力と見ただけの話です。
比叡山に仏がいるなら、このような乱暴狼藉をしている僧侶達を許すはずがなく、故にそこには仏はいない。神社仏閣も人間が作ったものであって、神が宿っているものではない。故に焼き討ちしようと仏罰があるはずがない。という、三段論法が成立していたのだと思います。

一向宗との対立も然り。宗教勢力が政治(戦争含む)に介入してくることを好まなかったのです。また、一向宗の教義そのものが、封建的な国家統治に対立する教義だったことも理由の一つでしょう。
そのような教義を掲げた宗教勢力が政治介入してくることを嫌ったのです。
また、彼の楽市楽座政策も、既得権益を保有していた宗教勢力との対立を深めた原因の一つとなっています。

なので、当時日本にきていたキリスト教勢力は保護しています。
また、宣教師ルイス・フロイスの希望を請け、ロレンソ朝山日乗(日乗上人)との宗教論議を行わせたりもしています。
これは、海外の進んだ文化や武器を手に入れたいという打算も当然ありましたが、当時の仏教徒の堕落した姿と比べて、布教に命をかけて航海してきて、清廉な生活を送っていた司祭たちを認めたとも言えます。
当然、彼らは貿易による荒稼ぎを目当てにしていたり、植民地政策の尖兵という一面も併せ持っていましたが、その点を知った上で認めていたと思われます
歴史研究所世界史・日本史レポート

信長はやり方が正しかったのはか今の基準から見ると疑問もありますが、自らが新たな世界を作る現世の神になろうとしていたのだと思います。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
検索フォーム
Google翻訳
Google supports 57 languages translation.

aguse.jpウェブ調査
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Lc.ツリーカテゴリー
相互リンク

※相互リンクを希望される方はリンクページのURLを添付してご連絡ください。管理人が認識できていないページに関しては対応致しかねます。

※アフィ、アダルトサイト、その他管理人が不適切と判断したページはお断りさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
196位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数:

2010/4/15~


Blog Widget "Revolver Maps"
2014/8/28 ~
プロフィール

ねおち

Author:ねおち

北海道帯広市出身
愛知県岡崎市在住


【略歴】
北海道帯広柏葉高等学校卒業
空手家

水商売からCocktail&PastaのBar経営を経てプログラマーへ転身
現在は年中夢求


趣味:PCいじり、読書(主に歴史関係)

錬心舘空手初段、銃剣道初段



「六月火雲飛白雪」
世の中の常識というものにとらわれてはいけない。
 『夏の雲が雪を降らせる』というほどの自由自在の考えを持つことも時には大切である。
そう思いつつなかなか出来ないねおちの日々思ってることなど。

もうちょっと詳しく見る


ねおちは蜜の味 バナー160x60

スマホ版 / 管理画面

You-Tube Randam Player









   
©TJ&SUTENEKO
2010 All Rights Reserved.

 オートスタートはしません
 Produced by ねおち

 Play File List :
 Last Modify May.28.2014
 Script File :
 Last Modify June.14.2012
 解説ページ
BMIチェッカー

 身長 cm
 体重 kg

 

 BMI -
 評価 -
 理想値 - kg
 カロリー - kcal
©TJ&SUTENEKO
2011 All Rights Reserved.
Produced by ねおち

①身長・体重を入力
②「チェック開始」ボタンを押す
③下段に結果が表示されます
解説ページ
ねおちの趣味レーター

ゲームのシミュレーターを作ってます。
計算違いとかあるかも?なのでシュミ(趣味)レーターかもしれませんが・・・orz

最近ここのエリアが大きすぎるなぁ~と思うようになってきたので別サイトに移設しました。

バナーをクリックするとページが開きます
著作権表示
Path of Exile © 2010 - 2014 Grinding Gear Games.


HAWKEN

©2013 Meteor Entertainment, Inc. All rights reserved. HAWKEN, Meteor Entertainment, Adhesive Games, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of Meteor Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.


Warframe

© 2003 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



画像添付が必要な方は以下のリンク先へどうぞ
 ⇒ 画像添付用メールフォーム

PAGE TOP