JavaScript対応ブラウザで表示してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国Bluehole Studioが開発しているMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea(以下、TERA)


今年の一番人気か?って思われるほどの期待を集めてるようだ。
だが、個人的には早々にコケるだろうな・・・としか思えない。

話題作「TERA」の韓国サービスでいま何が起きているのか?
正式サービス開始後に見えてきた数々の課題と問題点。その対策と今後の展開は!?

上の記事によると、ふたをあけてみたら、「なんだ、、いつも通りじゃないか」って話

以下に問題点を引用してみよう

・パーティープレイを強要するシステム構造
「TERA」は最初はソロでプレイしていくが、レベル20からはパーティー向けのゾーンとクエストが増えていく。ゲームの後半になっていくほど、ソロでプレイできるところは少なく、最終的にはパーティー向けのゾーンが全体の75%になっている構造だ。

 CBT当時から「TERA」はパーティープレイが面白いという評価だった。デベロッパーのBluehole Studioはその評価に対応し、意図的にパーティープレイを中心とした構造を作ったのである。結果として、正式サービス以降はソロで狩りができるゾーンが少なくなり、さらにレベルアップの都度必要となる装備品がパーティークエストの報酬に偏っていたため、ソロプレイでのレベルアップはいよいよ困難なものとなった。ソロプレイを好むプレーヤーや、途中からスタートして一緒にレベルアップする仲間がいないプレーヤーはストレスを感じていた。

 また、レベルアップのためにパーティーを組むにも、そう簡単にはいかない。「TERA」はちゃんとしたパーティープレイをすると、1週間もあれば最高レベル50に到達できるほど、レベルアップのテンポが速い。油断すると、昨日まで一緒にプレイしてきたプレーヤーたちとレベル差がついてしまい、取り残されるプレーヤーも生まれてくる。さらに、ちゃんとしたパーティーを組むにはクラスの組み合わせも重要になるので、ずっとパーティーを組めないプレーヤーもいた。ゲームが熟成するにつれて、パーティーの入りづらさの格差が段々と明確になっていったのだ。



ソロ用のマップとかPT用のマップなどと固定するからそうなる。
・フィールドはソロ用程度でもいいんじゃないだろうか
・その中にPT用のボスが混ざってる程度でいいだろう
・ダンジョンは基本的にID化してPT人数などによって敵の強さや沸きが変動とする

ソロでも進められるけど、PTでも遊べるようにしておけばいいじゃない?

・クラス間のバランス問題
 「TERA」のクラス間のバランスは他のタイトルより敏感な問題だ。というのも、「TERA」のパーティーは最大5人までという制限があるからだ。Bluehole Studioによれば最大5人というのは、FPSのように照準をし続ける「TERA」のシステム上、1番理想的な戦闘ができる人数だという。しかし、他のMMORPGと比較して枠が限定されてしまったことで、難易度の高いインスタンスダンジョンや、より効率の良い狩りを行なうためには、最強の組み合わせが求められるようになってしまった。特に韓国ユーザーはそういう傾向が強い。

 こうした結果、最強の組み合わせの枠に入れない、つまり優先度の低いクラスはパーティーにも入れず、ソロプレイもできずという、悲惨な生活が続く結果となった。特に問題とされたのは「プリースト」と「ウォーリアー」の2つのクラスだ。



ハブってるのはユーザー。効率主義なんてことやってるからそうなる。

ゲームなのに、レベリングが目標って・・・・あほやね。
つまり、キャラを強くしたいってのが逆算してったら斜め上に出たって話

キャラを強くしたい
>装備やスキルを整えないとならない
>レベル制限があるからレベルあげないとならない
>対人でもレベル補正がきついからレベルあげないと話にならない

このルールが既に限界なんだと気づいてほしい。
違うルール体系を構築する必要が出てきてる。
原案メモ
例えば、こんなのかな。
まだ練ってる最中だけど、まだマシな気はする。

・物足りないゲーム後半のコンテンツ
 そして3点目が「TERA」の1番深刻な問題として捉えられている。MMORPGでは最高レベルに到達した後に遊ぶコンテンツと言えば、インスタンスダンジョンとPvP、アイテム製作などがある。「TERA」でも、3つのコンテンツは実装されているが、問題はその中身だ。

・インスタンスダンジョンの場合、決定的にその数が少ない。レベル50向けのダンジョンは「黄金の迷宮」と「アーカーシャの隠れ場」の2つだけで、多くのプレーヤーたちはすでに攻略し尽くしている。ただ、目的となるアイテムのドロップ率は低く設定されているため、プレーヤーたちはアイテム狙いで、2つしかないインスタンスダンジョンを延々と回っている状況

・PKシステムに何の報酬もないため、あまり盛り上がっておらず、一方の「戦場」システムも、午後7時から午前2時までの時間制で、ふらっと野良で1人では遊べないというところが不便だという意見が多い。

・「武功勲章」は負けても貰えるようになっていて、5対5の試合で勝つと4個、負けると1個。10対10の試合で勝つと8個、負けると2個が貰えるようになっている。この欠点は、負けても勲章が貰えるため、5分から10分程度フルに戦って苦労して勝つより、素早く負け続けた方が、時間当たりの「武功勲章」を多く集められるということだ。

・ほとんどプレーヤーは「武功勲章」を狙って「戦場」システムを利用しているため、わざと負ける“負け組み”が横行している。相撲の無気力相撲のようなものだと考えるとわかりやすいかもしれないが、“負け組み”は、装備をすべて外し棒立ちになって相手に倒されるのを待つ。わずか1分で負けてポイントを獲得する。これを繰り返すわけだ。もちろん、そうしたことをやるユーザーにも問題があるが、それをシステム的に許容するシステムの方に問題があると考えている人が多数だ。

・アイテム製作の場合は、製作したアイテムの能力が低すぎるという問題だ。製作アイテムといえば、ドロップアイテムより高い能力、もしくはドロップアイテムとは違う特殊な能力がほしいところだが、そうなっていないのが現状となっている。このため苦労して製作スキルを成長させても意味がない



いつも通りですね。
・日本でPKに報酬なんてつけたら、ひどいことになりそうだね。
・PKを導入するなら、なんていうかスポーツのような概念を同時にもりこまないと、日本では流行らないと思うよ。「なんでもいいから殺せばいい」って思ってる今のPKプレイヤーが猛威をふるう場面に直面するケースもよくあるが、対人は嫌いじゃないが、卑怯なプレイは好まないって人のが多いんじゃないか
PKを禁止してないんだから、幾らでも殺せばいいじゃんってのは、自由を履き違えたガキの言い分でしかない。
自分が遊びのつもりでも、相手が遊びと感じていなければ、それは遊びじゃない」ってこと
・「武功勲章」などで、ユーザー同士の談合などで、アビューズ行為ができちゃうのは仕様に問題があるね。
・本国のアプデで政治システムっていうか、領土の領有制度ができてるけど、日本でこれやると、領土必死ギルドができてそこらが独占し、稼ぎを業者に売って課金しまくって、更に強くなって独占が崩せなくなる。こんなのも10年も前からあったこと。むしろやってるのが業者そのものなのか?って思えるほど。

企画・開発に欠けている点として
・「サービスに対して不誠実なのか無能なのか
過去の色々なゲームの問題点を分析して解決方法を見出す努力をしてない。やってるというなら、そもそも分析能力がない(正しく分析できていない)。TERAでも過去にいくらでもあった問題点がそのまま踏襲されてる。問題点を整理、分析して、どういう解決方法を持たせるか?っていう考え方はできないらしい。

・OOがいいってなると、限度を越えてそればっかりやる気質。「サルは死ぬまでかく」ってのと一緒だね。

 ガチャが売り上げあがる!! > うんざりするほどガチャばっかり
 PTが楽しい!! > PTじゃないとできない
 ソロが楽しい!! > PTがまったく機能しなくなる
 クエがあって楽!! > 基地外じみたほどクエだらけになる
 PKが楽しい!! > 限度を越えてPKできる放置主義(特に日本ユーザーには合わない)

パッケージ販売
パッケージ料金が6980円ってところから類推すると、本国では1500円ほどだった月額料金も日本では3000円程度になりそうですね。で、おそらくだけどハイブリッド課金になると予想。
・コスは能力付きで等級やデザイン、ランダムにOPがあって、部位バラバラなのにガチャ販売
・装備はバインドで解除に課金アイテムを何個も使うことになる

まぁ、予想部分はおいておいたとしても、すぐに「いつも通りの量産ゲーでした」って話題になるだろうね。
それでもダラダラと続くけど、画期的な何かがなかったら、せいぜい半年ってところかなぁ~。それ以降もサービスは続いたとしても話題にもならないんじゃない?
最近のせいぜい2ヶ月よりはマシかもしれないけど、カンスト早いみたいだし(1週間でカンストできるんだね)、正式の頃にはカンストだらけで、そっからやることがなくてすぐ廃れるかもね。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
検索フォーム
Google翻訳
Google supports 57 languages translation.

aguse.jpウェブ調査
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
相互リンク

※相互リンクを希望される方はリンクページのURLを添付してご連絡ください。管理人が認識できていないページに関しては対応致しかねます。

※アフィ、アダルトサイト、その他管理人が不適切と判断したページはお断りさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
94位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数:

2010/4/15~


Blog Widget "Revolver Maps"
2014/8/28 ~
プロフィール

ねおち

Author:ねおち

北海道帯広市出身
愛知県岡崎市在住


【略歴】
北海道帯広柏葉高等学校卒業
空手家

水商売からCocktail&PastaのBar経営を経てプログラマーへ転身
現在は年中夢求


趣味:PCいじり、読書(主に歴史関係)

錬心舘空手初段、銃剣道初段



「六月火雲飛白雪」
世の中の常識というものにとらわれてはいけない。
 『夏の雲が雪を降らせる』というほどの自由自在の考えを持つことも時には大切である。
そう思いつつなかなか出来ないねおちの日々思ってることなど。

もうちょっと詳しく見る


ねおちは蜜の味 バナー160x60

スマホ版 / 管理画面

You-Tube Randam Player









   
©TJ&SUTENEKO
2010 All Rights Reserved.

 オートスタートはしません
 Produced by ねおち

 Play File List :
 Last Modify May.28.2014
 Script File :
 Last Modify June.14.2012
 解説ページ
BMIチェッカー

 身長 cm
 体重 kg

 

 BMI -
 評価 -
 理想値 - kg
 カロリー - kcal
©TJ&SUTENEKO
2011 All Rights Reserved.
Produced by ねおち

①身長・体重を入力
②「チェック開始」ボタンを押す
③下段に結果が表示されます
解説ページ
ねおちの趣味レーター

ゲームのシミュレーターを作ってます。
計算違いとかあるかも?なのでシュミ(趣味)レーターかもしれませんが・・・orz

最近ここのエリアが大きすぎるなぁ~と思うようになってきたので別サイトに移設しました。

バナーをクリックするとページが開きます
著作権表示
Path of Exile © 2010 - 2014 Grinding Gear Games.


HAWKEN

©2013 Meteor Entertainment, Inc. All rights reserved. HAWKEN, Meteor Entertainment, Adhesive Games, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of Meteor Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.


Warframe

© 2003 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



画像添付が必要な方は以下のリンク先へどうぞ
 ⇒ 画像添付用メールフォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。