JavaScript対応ブラウザで表示してください。
TV昼の「お笑い」番組に「内輪の悪ふざけ」もう勘弁しての声出る (NEWSポストセブン)
もぅ今更何を?っていうような記事ですね。

島田紳助が引退し、今、テレビ界の「お笑い」は曲がり角にさしかかっている。特に、昼の「お笑い」番組の視聴率低下が顕著だが、いま視聴者はテレビに何を求めているのか。作家で五感生活研究所の山下柚実氏の視点は、こうだ。

 * * *
 今、お昼に話題を集めているテレビ番組、TBSの『ひるおび!』。7月の平均視聴率6・3%、7月19日には第2部が9.0%を獲得し、同時間帯民放首位・番組過去最高を記録したとか。

 その番組内容をみてみると――。たとえば先週、野田政権が誕生した14日のテーマは「首相の所信表明演説」。演説の内容をぎっしりと細かい文字にしてボード化。ゲストには政治家と政治評論家を呼び、弁護士と三人で、その演説内容を多角的に分析していました。主婦相手の時間帯などとお茶の間をナメていない。本格派です。
 
 一方、同じ日同じ時間帯の『笑っていいとも!』にチャネルを移すと……。お笑い芸人がズラリと並んで悪ふざけ。「美人、イケメンだけどちょっと残念な部分がある素人」を出演させて、プロの芸人たちがいじって内輪ウケ。両者の番組内容が実に対象的でした。

 かつて、昼の番組といえば『笑っていいとも!』がダントツ人気。80年代には27.9%と驚異的な視聴率を記録。けれども、最近では5%台も珍しくないそうです。司会のタモリや企画内容の「テンションの低さ」がささやかれていますが、その原因は単なる「マンネリ」ではないはず。
 
 一言でいえば、テレビに対する視聴者のニーズが変化してきているのではないでしょうか。特に、3月の震災を境に、その変化がはっきりと顕在化してきたように思います。「バラエティよりも情報番組を」、「報道の奥にある本質が知りたい」、「明日の日本をどうすべきかを考えたい」。今の視聴者の素直な欲求なのでしょう。
 
 だからといって「笑い」は拒否、というわけではありません。その証拠に、なでしこジャパン・佐々木則監督の「私にも合うでぃ(アウディ)」といったダジャレは好感をもって受け入れられています。実際に、アウディの売り上げはぐんと伸びたそうですから。
 
 つまり、この時代、「ユーモア」は求められていても、「内輪の悪ふざけ」は勘弁してほしい、というのが多くの人の感覚ではないでしょうか。奇しくも「島田紳助の引退」が象徴しているように、テレビ界のお笑いは曲がり角にさしかかっている。


 震災後の時代は、『笑っていいとも!』と言われても素朴に笑えるほど脳天気な社会ではなくなっているということ。もし、そのことに制作者が気付いていないとしたら……、それが最大の問題でしょう。

 今後の昼番組の変化には注目です。



「芸能人の内輪受けを放送されてもつまんない」なんていう話は、とんねるずの「みなさんのおかげでした」頃からずっと言われていたことで、その声を無視した番組作りを続けてきた結果が今ってことだと思う。
記事にもあるとおり
特に、3月の震災を境に、その変化がはっきりと顕在化してきたように思います。「バラエティよりも情報番組を」、「報道の奥にある本質が知りたい」、「明日の日本をどうすべきかを考えたい」。今の視聴者の素直な欲求なのでしょう。
ここがニーズであり

この時代、「ユーモア」は求められていても、「内輪の悪ふざけ」は勘弁してほしい、というのが多くの人の感覚ではないでしょうか。奇しくも「島田紳助の引退」が象徴しているように、テレビ界のお笑いは曲がり角にさしかかっている。
震災後の時代は、『笑っていいとも!』と言われても素朴に笑えるほど脳天気な社会ではなくなっているということ。

こんなものは求めてなどいないっていう事なんです

これはとりもなおさず、政府、メディア、企業の発信が嘘・捏造・隠蔽だらけだ視聴者が気づいており、それが顕在化した結果であるというだけのことではないだろうか?
そして、メディアが語らない真実はネットにあるという認識が浸透しているのが現状だと思います。
もちろん、ネット上の情報は全てが真実ではないし、受けてが取捨選択する能力が必要なのは言うまでもありませんが、多様な意見や見方が存在し、メディアの紋切り型の配信とは違うからなのではないでしょうか?

今井舞 ネットから動画拾って流すだけのTVは退化している

ネットから動画拾って流すだけの番組多すぎ。もう「考える」ことすら放棄してる。 ゴールデンタイムは、どのチャンネル見ても「決定的瞬間100連発!」みたいな、動画のVTR眺めてスタジオで笑ってるような番組ばっか。


これなら別に自分のPCでネットの動画配信を見てても一緒ですよね。

若者に“TVはネットよりつまらない”の意識浸透と上智教授

若い世代に“テレビはネットよりつまらない”という価値観が浸透し始めている。“民放19時台総1ケタ”のニュースは、テレビというメディアにとってまさに“終わりの始まり”かもしれない



視聴者が離れてしまってから「終わりの始まり」なんて言ってるようじゃ分析になってないでしょう?実際の終わりの始まりは20年ほど前からだと思ってます。現在は「終わりが顕在化」しているのだと思います

関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
検索フォーム
Google翻訳
Google supports 57 languages translation.

aguse.jpウェブ調査
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
相互リンク

※相互リンクを希望される方はリンクページのURLを添付してご連絡ください。管理人が認識できていないページに関しては対応致しかねます。

※アフィ、アダルトサイト、その他管理人が不適切と判断したページはお断りさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
125位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数:

2010/4/15~


Blog Widget "Revolver Maps"
2014/8/28 ~
プロフィール

ねおち

Author:ねおち

北海道帯広市出身
愛知県岡崎市在住


【略歴】
北海道帯広柏葉高等学校卒業
空手家

水商売からCocktail&PastaのBar経営を経てプログラマーへ転身
現在は年中夢求


趣味:PCいじり、読書(主に歴史関係)

錬心舘空手初段、銃剣道初段



「六月火雲飛白雪」
世の中の常識というものにとらわれてはいけない。
 『夏の雲が雪を降らせる』というほどの自由自在の考えを持つことも時には大切である。
そう思いつつなかなか出来ないねおちの日々思ってることなど。

もうちょっと詳しく見る


ねおちは蜜の味 バナー160x60

スマホ版 / 管理画面

You-Tube Randam Player









   
©TJ&SUTENEKO
2010 All Rights Reserved.

 オートスタートはしません
 Produced by ねおち

 Play File List :
 Last Modify May.28.2014
 Script File :
 Last Modify June.14.2012
 解説ページ
BMIチェッカー

 身長 cm
 体重 kg

 

 BMI -
 評価 -
 理想値 - kg
 カロリー - kcal
©TJ&SUTENEKO
2011 All Rights Reserved.
Produced by ねおち

①身長・体重を入力
②「チェック開始」ボタンを押す
③下段に結果が表示されます
解説ページ
ねおちの趣味レーター

ゲームのシミュレーターを作ってます。
計算違いとかあるかも?なのでシュミ(趣味)レーターかもしれませんが・・・orz

最近ここのエリアが大きすぎるなぁ~と思うようになってきたので別サイトに移設しました。

バナーをクリックするとページが開きます
著作権表示
Path of Exile © 2010 - 2014 Grinding Gear Games.


HAWKEN

©2013 Meteor Entertainment, Inc. All rights reserved. HAWKEN, Meteor Entertainment, Adhesive Games, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of Meteor Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.


Warframe

© 2003 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



画像添付が必要な方は以下のリンク先へどうぞ
 ⇒ 画像添付用メールフォーム

PAGE TOP