JavaScript対応ブラウザで表示してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デフラグってPCを使っていると一度は聞いたことがあるハズの言葉ですよね。
うちのPCではOSがWindows VISTAなのですが、HDDのプロパティからツール、最適化と見ていくと「デフラグをスケジュール通りに実行する」事が推奨されています(以下の画像の通りです)。

defragmentation001.jpg
デフラグを推奨するVISTA

デフラグって何?
じゃぁこのデフラグってやつ、具体的には何?て言いますと

よくわからないって人が対象
▼初心者の向けデフラグの仕組み&デフラグは必要?
このページの説明が、たぶん視覚的で解りやすいんじゃないかと思います。
転載はしませんので、まずはリンク先を見て感覚的にで構わないので、こういうことなのかっていうことを理解して貰えるといいんじゃないかと思います。

解ってる人対象
わかってる人には特に説明もいらない気がしますが、理屈としてどの程度の効果?っていう事がWIKIに書いてあったので、引用しておきます
デフラグメンテーション
計算例
以下の条件のディスクがあったとする。
平均位置決め時間 1秒、平均回転待ち時間 1秒、データ転送速度 1MB/秒
アクセス時間を計算すると
断片化0の1MBファイルだと、アクセス時間=1秒+1秒+1秒=3秒
断片化10の1MBファイルだと、アクセス時間=(1秒+1秒)*11+1秒=23秒
断片化0の100MBファイルだと、アクセス時間=1秒+1秒+100秒=102秒
断片化10の100MBファイルだと、アクセス時間=(1秒+1秒)*11+100秒=122秒
よってデフラグによる改善率を計算すると
1MBのファイルは、23/3=766%
100MBのファイルは、122/102=119%
となる。

デフラグで高速化?
上記の計算例からもはっきりしている事ですが、容量の小さいファイルには効果が大きいが、容量の大きなファイルには効果は少ないと言えます。

計算例ではわかりやすいように各値を1秒としていますが、実際のHDDではそんな長時間ではありません。

データ転送速度
ハードディスク(HDD)の性能説明から抜粋してみると
2003年以降のもので言うなら以下の感じです
・SATA:1.5Gbps 
・SATAⅡ:3.0Gbps
・SATAⅢ:6.0Gbps
bps = Byte par second
1.5Gbpsだと1秒間に1.5GByteのデータが転送できるって意味になります

HDDのディスク回転数(rpm)も以前は5200rpmが主流でしたが、数年前から7200rpmくらいが主流になり、速いものだと10000rpmを超えるものもあります。
うちでは、OS等のシステムに関連するものを入れてあるCドライブは70Gほどの少容量のものに抑え、回転数も10000rpmのものを使っていますが、データ類やその他のツール類を入れているDドライブは7200rpmの標準的なものを使っています。

その他OSやパーツが断片化による遅延に対応する技術を搭載しているいるので、実際は多少ファイルが断片化していても体感できるほど遅くなる事などないと言っても過言ではありません。

デフラグって必要なのか?
これはどっちとも言えます。OSの性質上、ファイルが断片化していくことは宿命であるとも言えます。
HDDが痛み寿命が縮まるっていう考え方もありますし、HDDはどうせいつかは壊れるものなんだし、普段から頻繁にPCを使ってるなら誤差の範囲だっていう考え方もあります。デフラグの頻度についても、断片化がどの程度進行してたら実行するという明確な基準はありません。

ちなみに、前回OSをクリーンインストールしてから数ヶ月、VISTA推奨の毎週1回デフラグをするって状態で使ってました。VISTAさんは最初に貼った画像を見て貰えばわかりますが「良好な状態です」っていってましたけど、外部のデフラグツールで分析してみると・・・・

puran003.jpg

めちゃくちゃ断片化してて、標準搭載のデフラグツールは効果なかったことがわかりますね

((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

VISTA標準装備のデフラグツールを毎週動かしてたのに、こんな状態になっていたのは断片化してる部分が「システムを動かすプログラム」の部分だからです。
PC起動してると当然「システムプログラムは動いている」わけです。「起動中のプログラムは移動不可能」なので断片化していても整理できないのは当たり前ですね。

ということで「Boot Time Defrag」をやってみた結果が下の画像

puran004.jpg

随分すっきりしましたね。100%解消できるわけじゃないですが、かなりの部分は解消できてます。(起動時に~とはいっても、極少数のシステムは動いてるから)
それと、Cドライブ(てかOSいれてるドライブ)以外にもドライブがあるなら、頁ファイルはCドライブ以外にしておくほうがいいです。ここは一部のソフト以外ではデフラグできない部分ですし、OSと違うドライブに設定しておいたほうが安定動作を期待できます。
設定方法は検索したらすぐわかると思うので省略します。

使ったツールは、インド産の「Puran Defrag Free 7.3」です。近年の世界的なIT業界の流れとしてはインド人技術者がいないと動かないと言われるほど重要視されていますよね。(論理思考に強く英語が普通に使える技術者が大量にいる)
このツールの紹介・配布先等は追記に書いておきますので興味があればどうぞ

クリーンインストールする以前は、デフラグなんて数ヶ月に1回気が向いた時にやる程度でした。
しかも断片化率を0%にすることなんてまるで拘ってませんでした。σ(o・ω・o)の血液型はAですが、そんな事にこだわったりしません。デフラグごときで速度が変わることなんて体感ではほとんど無いし、それよりもヴォリュームエラーの方がよっぽどクリティカルだから気になる。データ転送関係のトラブルとしても、そっちの方がよっぽど多いのです。

ですから、まったく不要とは言わないけど、神経質になってやるほどでもないですやるんだったらWindows標準装備のデフラグツールは、上記でみてきたように効果が薄く、それこそHDDに負担をかけて劣化させるだけになってしまうので、外部ツールを用いて「ブートタイム・デフラグ」(PC起動時かつOSが起動する前にデフラグを行うこと)を実行した方がいいです

余談になりますがウィルスやスパイウェアが入ったときも、ブートタイムスキャンの方が効果的で駆除もやりやすいです(ウィルスがOSのシステムに食い込んでる場合があるのでそれが動き出す前に隔離して駆除する)
Puran Defragについて
紹介サイト【インド生まれでフリーの高機能デフラグソフト「Puran Defrag Free Edition」
以下、掲載記事より抜粋
Windows XP/2003/Vista/2008/7に対応し、64ビット版もネイティブサポートしているフリーのデフラグソフトがこの「Puran Defrag Free Edition」です。開発元であるPuran Softwareはインドにある会社で、もともとこのソフトは「Puran Defrag」という2007年にリリースされ、今年でバージョン7となる19.95ドル(約1700円)のシェアウェアなのですが、そのフリー版という位置づけ。フリーだからといって何か機能制限があるかというとそんなものはなく、機能的にはなんと同じなので、お得感はかなり強いです。ただしフリー版は個人利用と非商用利用に限られています。

DLサイト【Puran Defrag Free 7.3】
日本語化パッチ【Puran Defrag 日本語化
新バージョンは色々と変動があったようで日本語化パッチが開けない状態になってましたが、英語のままでも困らないので・・・・敢えて日本語化に拘る必要もないかもしれません (´・ω・`)

・DLサイトから落としたものは、ダウンローダーになります。

puran001.jpg
起動すると「Babylon tool bar」もDLするか聞いてくる

・ダウンローダーの作業が終わってインストールを開始となります。

puran002.jpg
インストールを開始するとまたしても聞いてくる

デフォルトでは「Babylon tool bar」をインストールするにチェックが入ってる状態ですので注意

Puran DefragのBoot Time Defragの場合
・PC再起動>デフラグ実行>PC再起動
・PC再起動>デフラグ実行>PCシャットダウン
・上記にディスクチェックを追加する

など、いくつか選択肢があるので時間がないって人は寝る前に、「PC再起動>デフラグ(>ディスクチェック)>PCシャットダウン」を選んでおくと、寝てる間にメンテナンス作業やってPCを落としておいてくれますので便利ですね。


関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
検索フォーム
Google翻訳
Google supports 57 languages translation.

aguse.jpウェブ調査
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
相互リンク

※相互リンクを希望される方はリンクページのURLを添付してご連絡ください。管理人が認識できていないページに関しては対応致しかねます。

※アフィ、アダルトサイト、その他管理人が不適切と判断したページはお断りさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数:

2010/4/15~


Blog Widget "Revolver Maps"
2014/8/28 ~
プロフィール

ねおち

Author:ねおち

北海道帯広市出身
愛知県岡崎市在住


【略歴】
北海道帯広柏葉高等学校卒業
空手家

水商売からCocktail&PastaのBar経営を経てプログラマーへ転身
現在は年中夢求


趣味:PCいじり、読書(主に歴史関係)

錬心舘空手初段、銃剣道初段



「六月火雲飛白雪」
世の中の常識というものにとらわれてはいけない。
 『夏の雲が雪を降らせる』というほどの自由自在の考えを持つことも時には大切である。
そう思いつつなかなか出来ないねおちの日々思ってることなど。

もうちょっと詳しく見る


ねおちは蜜の味 バナー160x60

スマホ版 / 管理画面

You-Tube Randam Player









   
©TJ&SUTENEKO
2010 All Rights Reserved.

 オートスタートはしません
 Produced by ねおち

 Play File List :
 Last Modify May.28.2014
 Script File :
 Last Modify June.14.2012
 解説ページ
BMIチェッカー

 身長 cm
 体重 kg

 

 BMI -
 評価 -
 理想値 - kg
 カロリー - kcal
©TJ&SUTENEKO
2011 All Rights Reserved.
Produced by ねおち

①身長・体重を入力
②「チェック開始」ボタンを押す
③下段に結果が表示されます
解説ページ
ねおちの趣味レーター

ゲームのシミュレーターを作ってます。
計算違いとかあるかも?なのでシュミ(趣味)レーターかもしれませんが・・・orz

最近ここのエリアが大きすぎるなぁ~と思うようになってきたので別サイトに移設しました。

バナーをクリックするとページが開きます
著作権表示
Path of Exile © 2010 - 2014 Grinding Gear Games.


HAWKEN

©2013 Meteor Entertainment, Inc. All rights reserved. HAWKEN, Meteor Entertainment, Adhesive Games, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of Meteor Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.


Warframe

© 2003 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.
Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



画像添付が必要な方は以下のリンク先へどうぞ
 ⇒ 画像添付用メールフォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。